ビジネスに特化したLinkedin活用方法

スポンサードリンク

世界最大級のビジネス特化SNS、Linkedin

Linkedinは「リンクトイン」と読む世界最大級のビジネス特化型SNSで、いわばFacebookあたりのビジネス版です。
ビジネス特化型としてのメリットは、「自己紹介ツール」を履歴書代わりとして利用することにより、自身の売り込みが効果的に可能な点です。またビジネス向けのリアル情報のこまめな入手もスムーズです。また企業側からしても、適切な人材を検索し直接アプローチが可能などの利点が多いです。

プロを探せるLinkedin

プロフェッショナルばかりが集まっているLinkedin。新しいアプローチからの人材獲得として注目を集めています。日本ではまだベンチャーが利用している印象ですが、今後は大手でもつながり目的で使うところが増えていきそうですね。

ビジネスに特化したLinkedin

海外ではもはや爆発的な人気を得ているLinkedinですが、日本でも少しずつ活用されるようになってきています。
一般的なSNSとは趣が違っていて、ビジネスに特化しています。
そのため、異業種の方と知り合いになれたり、転職やマーケティングにも活用されています。

Linkedinで就職活動ができる

Linkedinは世界最大のビジネスに特化したコミュニケーションツールです。
登録する人はビジネスの繋がりを増やしたい、自分をどこかの企業に売り込みたいなどの目的を持っています。
積極的に世界規模で自分を売り込みたい人にはすごく便利なツールだと思います。

LinkedInでビジネスを円滑に

LinkedInは、ビジネスに特化したSNSサービスです。今や日本国内だけでも会員登録は100万人を越える最大級のビジネスSNSです。LinkedInを転職活動や、ビジネスパートナーや新規顧客を探すの利用する方々も多くいるので、ビジネスパーソンの方はLinkedInを一度利用してみるおすすめです。

Linkedinのはじまりについて

Linkedinとは2003年にアメリカのカリフォルニア州で誕生したビジネス向けソーシャルネットワークサービスのことです。同名の企業が運営しており、創設者はリード・ホフマン氏です。当初はシリコンバレー技術者がプロジェクトパートナーを探すために利用されていましたがその後、さまざまなビジネスシーンで利用されるようになりました。

Linkedinのサービス内容いついて

Linkedinは2011年11月現在で200か国、1億3500万人が会員登録しています。LinkedinはほかのSNSと違い、あくまでもビジネスに特化したサービスを展開しています。これは、Linkedinのプロフィール編集欄に、業種や社名、仕事内容、職務経歴といった項目が並んでいることからもわかります。

Linkedinの魅力について

Linkedinでは、会社組織の枠を超えて個々人の職業やスキルなどの情報を公開しているため、単に人脈を広げるだけでなくキャリアアップやビジネスマッチング、人材検索などに利用できることが大きな魅力となっています。

企業向けのSNSサービス

企業向けのSNSサービスのことで世界では約4億人が利用しています。
2016年にマイクロソフトが2兆円で買収しました。海外では10年以上前から使われており最近では日本でもだんだんと知名度が上がってきました。

ビジネス向けのSNS

Linkedinとは、ビジネス向けのSNSです。SNSというと、どうしても一般消費者のコミュニケーションツールと思われがちですが、Linkedinはそれをビジネスに特化し、人材探しから、商談先との連絡、コンサルタントとのコミュニケーションなどが出来ます。すでに全世界で3億人が利用しているので、日本の職場でも使用される日も近いかもしれません。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です