地震速報の精度について

スポンサードリンク

緊急地震速報の皮肉

最近は緊急地震速報が大きな地震の際に流れますが、皮肉なことに大きく揺れるところでは緊急地震速報は揺れる前に流れず、あまり大きく揺れない地域で数秒前に緊急地震速報が流れることが多いと思われます。もちろん、数秒前に緊急地震速報が流れたからと言って、たいしたことがないと安心するのは間違いで、大きく揺れることもありますので、油断はしないでください。

今後の改善に期待

地震速報の問題点としては地震が収まってから速報が鳴ることや、大きな地震の場合でもゴゴゴゴゴと地鳴りがしている途中に速報が鳴ったりと、基本的に遅いイメージがあるので、なかなか難しいにしてもできるだけ早く地震速報が鳴るように改善していけばいいなと期待しています。

トラウマという問題点

地震速報の問題点は、トラウマになってしまう恐れがある点です。地震速報の着信音は、人間が焦りを感じやすいメロディで構成されています。これは、何度も聞くと、トラウマになる可能性が高いのです。優しいメロディが必要かもしれません。

現在の地震速報について

緊急地震速報は、各局テレビでバラバラに放送しているのでもっと統一をしてほしいと思います。NHKが積極的に地震速報を報じていますが、他のテレビでは遅れ手報じているので、情報の入手が遅れてしまう傾向にあります。

スマートフォンでの地震速報

地震速報は、携帯電話やスマートフォンにも速報として流すべきだと感じます。テレビを見ている時間が減っていく中で、テレビの地震速報はあまり意味がないと思います。強制的にスマートフォンの画面に速報を流すと認知されると思います。

地震速報の精度が気になるところ

緊急地震速報の誤報についてが私は問題だと思います。
精度がしっかり出ていて100発100中ならば、いいのですが、以前は誤報が目立っていたような気がします。
誤報が多くなると、狼少年のようにどうせ誤報だと思う人が出てこないかというところが少し心配です。

スマホのほうが早い

テレビの地震速報は、スマホの地震速報よりも遅くに流れてくるので、もっと早くなればいいのにと思いました。スマホを持っている人はまだいいとして、スマホを持たない高齢者が、知るのが遅くなるのは良くないと思いました。

地震大国なので逃げ場がない。

地震が来ると、携帯電話が凄い音でなります。テレビを付けると地震速報が流れます。
あの数字は、人間が判断した数字で、機械が示したのでは、ないそうです。
地震速報を見ると、だいたい自分の予想の数字に当たってます。
どの土地に引越しても、地震に巻き込まれます。

地震速報における問題点について

地震速報における問題点はいくつかあげられますが、特に緊急地震速報は震源からその地点までの距離が長いほど効果を発揮します。つまり距離が震源から近いと地震速報が間に合わないことがあります。これは現状ではどうにもならない問題なので新たな予知システムの開発が望まれています。

地震速報により人々がパニックを起こす危険性

地震速報の問題点として、緊急地震速報が流れたあとその地域で、人々のパニックや混乱が起こることがあげられます。たとえば施設内で地震速報が流れた時に大勢の人が一気に非常口に殺到するなどです。このようなパニックが起こることが懸念されていたため、緊急地震速報の一般提供が遅れたそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地震の前兆150 (宝島sugoi文庫) [ 別冊宝島編集部 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です