イラストが好きな人必見!pixivからアニメ映画に応募できる時代に

スポンサードリンク

見るだけで楽しめるpixiv

pixivは、実はイラストを描かない人でも利用することが出来ます。会員登録をすればお気に入りのイラストをチェックしてまとめたりすることが出来ますので、好きな作品にブックマークをするより管理を簡単に複数の作品を楽しむことができますよ。

イラスト マンが好きな方にお勧めのpixiv

pixivはイラストのコミュニケーションサイトです。
自分の作品を投稿できたり、他の人の作品を閲覧できたりします。
今まではコミケなどでアピールする、出版社に持ち込むなど、作品をアピールするのも大変でした。
pixivなら誰でも簡単にアピールできるのでありがたい時代になりました。

pixivで自分の作品を発表しよう

趣味で絵を描いているけど作品を発表する機会がない、そんな方にはイラストコミュニケーションサービスのpixivがおすすめです。絵が好きな人たちと交流ができますし、上達のためのアドバイスも貰えます。また作品が認められればアーティストとしてデビューも夢ではありません。是非ご自身の作品をpixivで発表してみてください。

時間を忘れて見てしまう

アニメやゲームのキャラクターを調べようと、検索をかけると大抵上位に来るのがpixiv。ネタ元から、簡単な概要まで把握できて便利です。さらに関連キャラクターのリンクまで飛ぶと、気づけば1時間経つくらい没頭してしまうこともあります。

pixivの魅力について

pixivとはピクシブが運営するイラストや漫画を中心としたソーシャルネットワーキングサービスのことです。自分の作品をアップロードし、他のユーザーの作品をブックマークすることで同じ嗜好のユーザーが集まることが出来ます。

イラストだけでなく小説もあるので飽きない

pixivはイラストだけでなく小説もあるので、漫画を読みたいときも小説を読みたいときも、pixivを開けば簡単に見れるので嬉しいです。特に自分の好きなアニメのキャラクターたちの可愛いイラストを見ると癒されますね。また小説も凄い作品だと10万文字近くあるので、読みごたえがあってたいへん面白いです。以前は小説は3万文字までしか書けなかったはずなのですが、上限文字数が増えて良かったかもと感じました。

pixivからアニメ映画に応募できる時代に

以前とある子供向けのアニメ映画を見たとき、その映画のエンドロールで、一般の子供たちが描いた絵が載せられていました。ほとんどの絵に『〇〇賞受賞作』と記載されていたのですが、その中で『pixiv応募作品』と記載されている絵があったので驚きました。数年前まではそうした企業とのコラボがあまりなかったpixivが、ついにアニメ映画ともコラボするようになったのかと思うと感慨深かったです。

自分でイラスト投稿

pixivでは他の人が描いたイラストや漫画などが誰でも見ることができます。
また、自分でもイラストなどを投稿することができます。
ですので、自分の描いたイラストを誰かに見てもらいたいと思っている人は1度pixivで投稿してみるのもありだと思います。

pixivは絵だけでなく百科事典も興味深いです

pixivにはたくさんのイラストがあり分野も充実しています。もしイラストにつけられているタグに『P』と書かれたアイコンがついている場合は、ぜひそのアイコンをクリックしてみてください。クリックするとピクシブ百科事典に飛ぶのですがユニークな内容なものが多いです。その内容を踏まえたうえでもう一度イラストを見てみると、また別の楽しみ方ができますよ。

イラストの文化の発信地

pixivはイラストや漫画の投稿を中心としたSNSです。通常、SNSは文字による交流が主ですが、それをイラストでやろうとしたのがpixivです。pixivでは、様々なイラストや漫画が投稿されていて、日本のサブカル文化の発信地の一つと言えるかもしれません。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です