スターバックスの無料券が当たる可能性

スポンサードリンク

スターバックスが落ち着く

スターバックスは時々利用しますが、いつも感じることが、なんだか落ち着くお店、ということです。店員の方も親切な方ばかりで、どことなくゆったりとした空気が店内に流れているような気がします。だから、気分転換したい時にスターバックスをよく利用しています。

無料券が当たる可能性

スターバックスでコーヒーを注文すると、次回ドリンク1杯無料サービスが当たる可能性があります。店舗によって当たる確率は異なるようですが、とても嬉しいサービスです。スターバックスファンにはこの上ないメリットです。

スターバックスの新商品

スターバックスは、毎年新作商品が開発されているので好感が持てます。アメリカのような濃厚な商品ではなく、日本らしくあっさりとした商品が発売されている気がします。お年寄り方から若い人まで幅広いファンがいます。

スターバックスの新商品の開発

最近のスターバックスは、新商品の開発スピードが早い気がします。季節ごとに新しいタイプの飲み物や食べ物が発売されているので嬉しいです。特にストロベリー系の飲み物が多く発売されているので、幅広い人から支持を集めています。

スターバックスに行くと、ドリンクのサイズで迷いますね

全くの初心者がスターバックスに行くと、ドリンクのサイズで迷いますね。スタバでは4種類存在していて一般的なS・M・Lで通用しません。
サイズは小さいものからShort[ショート]・・Tall[トール]・Grande[グランデ]・Venti[ベンティー]とあります。普通頼むのはSサイズ相当の
ショートですよね。大量に飲みたい方はグランデがお勧めでショートサイズの+80円で約2倍の量なんです。

イメージチェンジしたスターバックス

最近のスターバックスは、柑橘類の飲み物が多く発売されているので好感が持てます。すっきりとしているので、夏場の時期はハマってしまいます。コーヒーのイメージが強いスターバックスですが、現在はイメージチェンジをしているのかもしれません。

スターバックスについて

スターバックスは、1971年、アメリカ合衆国のワシントン州シアトルで開業しました、また、世界の中でもかなり大きい規模で展開するコーヒーチェーン店です。また、1986年には、エスプレッソなどをメインの商品とし、テイクアウトや歩き飲みができるスタイルでのドリンク販売を開始し、その後北米地区の全土に広がるシアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となっていきました。

憧れのスターバックス

私の住む町には、スターバックスがありません。なので、子供達にとって、スターバックスはオシャレでとても高級な価値をもっていて、たまに遠出をして、スターバックスを見つけると、必ず店に入り、注文をして、写真を撮っています。

スターバックスの歴史について

スターバックスは1971年にシアトルで開業しました。またその当時は、コーヒー焙煎の会社にしかすぎませんでした。さらに1982年には現在の会長兼CEOでもあるハワード・シュルツが入社しました。またシュルツは、コーヒー豆だけでなく、エスプレッソを中心とするドリンク類の販売をスターバックスに提案しました。

スタッフが親切で元気

最近はなかなか忙しくていけてはないのですが、よく行っていたころは、いつもスタッフの方が親切で良かったのを覚えています。かけ声も素晴らしくいつも元気をもらっていました。その時によく頼んでいたのがキャラメルフラペチーノです。久しぶり行きたくなりました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です