歯の痛みの治療から歯列矯正へ…

スポンサードリンク

ある日急に下の前歯の根元あたりが痛みだし、食事どころか会話すらままならないほどの激痛に襲われました。
急いでかかりつけの歯医者へ予約を取り、症状を訴えるとレントゲンを撮影することになりました。
そこでわかったのは、健康な歯の根元が何故かすり減ってしまっていたこと。脱臼の症状を起こしていると言われて驚きました。
なぜそんなことが起きてしまったのかというと、元々下の歯列に並びきらなかった犬歯が二枚歯のような形で下の方に生えていた事により、お互いの歯の根元が摩擦してすり減ってしまったからでした。
根元から折れてしまった歯は抜くより他なく、抜いてしまった以上歯の隙間を埋めなくてはいけないということでした。
自分でも歯並びは良くないとは思っていませんでしたが、二枚歯の犬歯も下唇に隠れて普段は見えなかったので気にならず、歯列矯正について全く興味はありませんでした。
しかし治療の一環として必要だと説明を受けて、高額な費用がかかるためやむなく親と相談し歯列矯正を始めることにしました。
取り付ける装置は痛みが強いが短期間で済むものと、痛みは少なく目立ちにくいが、長期間つけなければならないものの二種類から選ぶのですが、私は装置を早く外したかったので痛い方でと即答しました。
取り付けたその日はとにかく全ての歯に強い力がかかっていて、ろくに噛めない状態でしたのでお粥を食べていました。
装置の違和感もあり、人によっては頬の内側と装置の摩擦で口内炎ができると聞かされていたので少し心配でしたが、私の場合は大丈夫でした。
食事すると食べ物が装置の隙間にたくさん挟まるので、常に歯ブラシは携帯していました。ワイヤーの奥にはさまった食べ物は爪楊枝などで掃除しました。
歯の違和感は数日で慣れましたが、歯列矯正は何度も通い続けなければなりません。
装置を取り付ける際にも、引っ越しや転勤の予定はないか、長期的に通えるか確認がありました。
痛みに慣れたころにまた装置の調節をし、動かす力を加えるのでまた痛む日が数日続きますが、痛み自体にも慣れてきます。私の場合は一年半で装置を全て取り払うことができました。二枚歯になっていた下の歯は引っ張られて下の歯列に違和感なく並びました。
装置を外した後は上顎に張り付けるようにして使う器具で、歯を固定しました。
その器具はじぶんで取り外しができ、段々と付ける時間を減らしていきました。
付けていた時期は最初の器具を含めてトータルで3年ほどだったと思います。
他の患者よりも早く終わったと言われました。それは痛みに耐えて出来るだけ早く動かしたからです。
年が若ければ若いほど骨が柔らかく動かしやすいので、痛みも少ないそうです。
歯列矯正をしようか迷っている人は、予算と生活習慣など鑑みてあまり遅くならないうちに始めるといいと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です