成田空港の限定商品

スポンサードリンク

最後の最後まで買い物です

海外に住んでいるので、成田空港を利用して家に戻ります。日本に滞在中に日本食を積極的に食べて、買い物もしているのだけれど、成田空港でもやっぱり最後の最後まで時間を惜しんで色々動いてしまいます。お寿司や麺類を満喫して、和菓子を自分用に購入するのがパターンです。

成田空港の利便性

最近の成田空港は、多くの格安航空が運航しているので利便性が良くなったと思います。これまで大手航空が中心となって運行されていましたが、値段の格安航空の登場により多くの人が利用することができたのは良かったです。

成田空港の限定商品

最近の成田空港は、成田空港限定のお土産が多くあるので印象が良いです。飛行機に乗らなくても、色んなお土産を買えるようになっているので魅力を感じています。他の空港では売っていないものが多数あると感じます。

成田空港に来ると、ワクワクします!

私は海外旅行に行く際は必ず成田空港を利用します。
自宅なら数時間かけて成田空港に着くと、途端に旅行気分が盛り上がります。
税関を通ると待ち時間に免税店で買い物をするのも、楽しみの一つです。
この夏もまた成田空港に行く予定です。

東芝のダイナブック

東芝のダイナブックは、高画質になっているのでプロの写真家が愛用しています。また他のどのブランドよりも、高画質で使い勝手が良くなっているため、本格的に仕事を取り組んでいる写真かはよく使用しているそうです。

海外にも行ける空港

成田空港ではさまざまな国へ飛行機が飛んでいるので、海外旅行をしたい人にも向いている空港です。東京や千葉からのアクセスも良いので、手軽に空港まで行くことができます。日本の中でも大きな空港として知られています。

空港内で色々と楽しめます。

年に4,5回海外旅行に行く時に成田空港を使うのですが、出発時間より3,4時間も早くいって色々楽しむのが常となっています。お店を見て回ったり、食事するレストランを探してたりするとあっという間に時間が経ってしまいます。

成田空港は様々な言語が飛び交っています

私は海外旅行や出張に行く際、必ず成田空港を利用します。
ここ最近特にですが、様々な国の人が日本にきているみたいです。
特に中国の方が増えたように感じます。
また中東系の方も、ターバンを巻いてる姿をよく見かけます。
成田空港は様々な言語が飛び交っていて、その場にいるととても楽しいです。

成田空港の名称について

成田空港は千葉県成田市にあることからその名称がつけられたと思われがちですが、当初の名称は「新東京国際空港」でした。また成田空港の正式名称は「成田国際空港」であり、普段は「国際」を省いた略称で呼ばれています。

日本を代表する国際空港

成田空港は世界から見てもトップレベルの水準に達している空港の一つだと思います。
日本の空の玄関口の一つとして、空港内の従業員の態度や空港内部の清掃面はナンバーワンといっても過言ではありません。
日本への入国第一歩として、是非とも選んでほしい空港です。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です