お得に使おう!ソフトバンクのスーパーフライデー

スポンサードリンク

ソフトバンクのスーパーフライデー

ソフトバンクの金曜日にさまざまなメーカーの商品が無料になるというスーパーフライデーは、とてもユニークで消費者の心をくすぐる企画だと思います。ソフトバンクを解約した身ですが、惜しいことをしたなと少しばかり後悔しました。

ソフトバンクが優勝すると

3大キャリアの中でも唯一球団を持っているソフトバンクは、野球でソフトバンクが優勝すると様々なキャンペーンを行ってくれるので、普段は他球団ファンですがその時ばかりはソフトバンク優勝おめでとう!と心の底から思っていました。

ソフトバンクのCM

お父さん犬が出演するようになってからのここ最近のソフトバンクのシリーズCMはとても面白いので、毎回今度はどんな大物が出演するんだろう、どんな役柄で出るんだろうなどいつもワクワクしながら心待ちにしています。

Softbank回線は意外にハイスピード!モバイルルーターで安心!

モバイルルーターすなわちWi-Fi端末を選択する際、WiMAXまたはSoftbank回線を利用したサービスのどちらかを選択することになります。実際、WiMAXとSoftbank回線のどちらが高速データ通信に適しているかという点では、LTE回線の安定性からSoftbank回線の方が有利です。そもそも、WiMAXの場合はLTE回線は追加料金が発生してしまいます。一方、Softbank回線の場合は4GLTE回線が通常回線となり、安定した利用が出来ます。また、通信速度もダウンロードで30Mbpsを超えるため、複数端末を接続しても快適に利用出来ます。

Softbankの家族データシェアは2回線だと安くならないプランがある!

家族間でデータ通信量をシェアして、月々の支払いを安くしようと考える人は少なからずいます。特に親回線で余剰となっているデータ通信量を有効活用すれば、節約効果は大きいものの、Softbankでは意味の無い契約パターンがあります。特に夫婦2人で10GBのデータ通信量をシェアした場合、定額料とデータシェア月額使用料の合計がデータ定額5GBの月額料金2回線分と同じ金額になってしまいます。この家族データシェア10GBはライトユーザー向けのプランと思いがちですが、利用条件の制約が厳しく、通話定額ライトや通話定額ライトでは利用出来ないなど、実質的に節約効果が期待できない可能性があります。敢えて、個々に安いプランを契約する方がお得になるため、検討する際は事前確認が重要です。

長期特典がありがたい

二年間以上ソフトバンクと契約し、iPhoneを使っていて、メールで長期会員のお客様への特典というものが届きました。ポイントプレゼントか、使用料金から200円引きなどの特典が付きます。二つから選べるというのもありがたいです。

ソフトバンク株式会社について

ソフトバンク株式会社は、ソフトバンクグループの傘下でもある株式会社であり、日本の中でも携帯電話などといった無線通信サービスや長距離・国際通信などを提供する日本の大手電気通信事業者です。また2015年の7月1日にはソフトバンクモバイル株式会社から社名変更しました。

ソフトバンクのことについて

ソフトバンクの会社組織上の原点となったのは、日本国有鉄道が分割民営化するのに先立って、1986年(昭和61年)に国鉄による鉄道電話事業の継承などを目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)です。

ソフトバンクの株主構成について

2015年の3月までは、ソフトバンクの孫会社でもあるBBモバイル株式会社が全ての株を保有しており、さらにBBモバイルの全ての株を保有している子会社モバイルテックを介して旧ソフトバンクが全部の株式を間接保有していました。

ソフトバンクの魅力

ソフトバンクは、ドコモ・AUと並ぶ大手携帯電話会社です。料金は他社とはあまり変わらないですが、「おうち割」などと並行して契約すると、携帯電話料金が毎月1500円引きになるなど、割引が魅力的な部分が多くあります。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です