気象庁の天気予報の的中率

スポンサードリンク

私が気象庁発表の天気予報を見る理由

気象庁は天気予報や災害情報を伝える機関です。私はテレビを見るときは天気予報がやっている時間にテレビを見ます。今晴れていても仕事が終わることに雨が降ると嫌なので私のとって天気予報は欠かせません。なぜならば、私は晴れの日と雨の日は靴を変えているからです。

気象庁の天気発表

気象庁の天気発表についてですが、これは前日からの雲の動きを確認して、翌日の天気の予想を行って発表を行っているのですが、先の天気も予想しないといけないので、これは雲全体の動きを確認して行っているのです。

情報配信のペース

天気や災害の情報をいち早く得たいと思い気象庁のツイッターをフォローしているのですが、あくまでも個人的な印象ですが意外と情報発信が遅いなという印象を受けました。しっかりと確実な情報を配信してくださっているのでしょうが、災害や急を要する天候などの場合やきもきしてしまうので、もうちょっと迅速に対応してくれたら嬉しいななんて思ってしまいます。

気象庁の天気予報の的中率

気象庁といえば、我々には天気予報がお馴染みです。ところでこの気象庁の天気予報の的中率ってどれくらいかご存知ですか?気象庁が「明日は雨が降る」と予報した時の的中率はおよそ80%です。そしてこの的中率は年々上がっています。80%というのはとても高い数字なのでやはり気象庁は信用できるみたいです。

天気予報から地震まで

気象庁は天気予報だけをしていると思う地震の観測に、桜の開花と忙しい、それに各テレビ局に天気予報の原稿まで書いているらしいのです、テレビ局の予報専任者がいるらしい。だから当たる当たらないは、気象庁の担当の予報によるということなの出、天気予報しのせいではないらしい。

女性にも嬉しい紫外線情報分布図あります

とにかく昨今の気象庁のデータは地震以外当たりますね。ホームページはとにかく情報の宝箱で
様々なデータが並んでいます。遠出にはぜったい欠かせません。また女性にも嬉しい紫外線情報分布図はとても
有意義なデータだと思います。興味ある方は公式サイトをごらんください♪

気象庁の役割と仕事

気象庁とは、国土交通省の外局の1つで、気象業務の健全な発達を図ることを任務としています。全国の気象・地震・火山などを観測してその資料を収集、配布し天気予報や気象警報を発表するなど気象関係業務を担当しています。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です